忍者ブログ
心に残った日常を一枚の写真に。
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


LEITZ minolta CL + VOIGTLANDER ULTRON 28mm F2

「今年の桜は今週末がラストチャンス!」
と思い,CLにフィルムをつめて
撮りに出掛けました。
手応えがあり,自分の中では良い写真が撮れたように思いました。

が・・・・・(苦笑)。

今回桜の全景を撮ることが多いだろうからと
ウルトロン28mmをレンズに選択し,全てこれで撮ったのですが
目が,脳が・・・(泣)。

というのは,
未だに画角35mm~40mmくらいの感覚が抜けきれず,
ほとんどの写真が寄り切れていない,
間の抜けた写真となっていました・・・。
あと2,3歩は前に出て撮らないとイメージ通りには撮れないことを
また痛感いたしました・・・。
ああ,今年の桜は行ってしまうのにぃぃ・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
夜桜 素敵ですね。私も撮りに行こうかな。そろそろ散りだすし。。

後悔なんて。。私はとても勉強になりました。まだまだ知らないことが多すぎです(笑

レンジだと、ファインダー像と実写像のずれがあるとは聞いておりましたが、こういうことなんですね。レンズに合ったビューファインダーが付属してるなども聞いたことがあるような。。

画角感覚を磨くには練習なんですね。ここは銀塩時代と同じですが(笑
へーじ URL 2009/04/05(Sun)19:46:59 編集
へーじ様
>レンジだと、ファインダー像と実写像のずれがあるとは聞いておりましたが

一番大きい40mm枠よりさらに外側目一杯,
要するにファインダーから見える視野全てが
28mmの枠になるようなんです。

ところが何と言いましょうか,
ぐるりと目を動かして隅から隅まで
見渡さなければいけなくて,
これが慣れないんです。

一眼レフだと全然気にならないのに,
レンジファインダーだとうまくいかないんですよ・・・。不思議だ・・・。
taku 2009/04/05(Sun)20:54:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<  無題 HOME  無題 >>
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/28 neno]
[12/18 POWERED]
[12/18 neno]
[12/18 neno]
[04/16 taku]
プロフィール
HN:
taku
性別:
男性
趣味:
写真・カメラ
自己紹介:
「遊牧写民」新装開店です。
旧遊牧写民へは
http://98ta5mayu15yu.blog
.shinobi.jp/へどうぞ。

無断転載はご遠慮ください。
忍者ブログ [PR]