忍者ブログ
心に残った日常を一枚の写真に。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





この時はまだ良かったのですが、
「この道どこへ出るんだろう?」病が出てしまい、
行き当たりバッタリに行く内にしばらく彷徨うことに。

静岡の山の中は奥深く、
行けども行けども幹線道路に出ない。

「この道を今日通った車は、恐らく1,2台・・・?
いや、ひょっとしたら1台も通ってないんじゃない?」というような
山道をひたすら進む。


いや~、恐るべし静岡・・・。
疲れました。


今週で3月が終わり、4月が始まります。
3年間務めた役を終了します。
あっという間の3年でした。

人はこの役を大変と言って嫌いますが、
やらせてもらって本当に良かった、と
そう思います。

視野も広がったし、
一緒にやった仲間も素晴らしかった!
人との出会いが何よりも宝となりました。



さて、4月から新天地で再出発です。
どんな出会いがあるのか、
自分の力量はどう通用するのか
正直、不安は一杯です。

しかし、仲間が言っていた言葉を胸にやっていこうと思います。

「大丈夫だよ。」
「同じやるなら楽しくやりましょうよ。」

そうだね、その通りだね。
大丈夫、楽しくやろう。
 


シャッタースピードを遅くしてお遊び。
なかなか面白い。
 
-------

他の施設に客を取られてなのか、
東北地方の震災の影響なのか、
連休初日のわりに人が少ない遊園地。

でも、訪れているみんな、楽しそう。
思い思いに休日の遊園地を楽しんでいる。

次のアトラクションに走っていく子ども。
孫の世話に忙しいおばあちゃん。
子どもに手を振るお母さん、お父さん。


わが子らも地震のことは頭にすっかり無く、
単純に楽しんでいる。


当たり前の光景だけど、
当たり前のことがありがたく感じます。
 


東北地方の災害に対し、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
状況が良くなるどころか日々悪くなるような中で、
被災された方々には希望を失わず
何とか頑張ってほしいとしか言いようがありません。


そして今なお、
復興に向け現地で支援してくださっている方や、
原発の被害を食い止めようと必死で頑張っている方に対し、
自分は直接何も出来ないのですが
みんなのためにどうかお願いします。
と祈ることしかできません。


自分が出来ることは何だろう?
何も無いのかもしれないけれど、
ちっちゃな事でも良いからしていきたい。
それが
回り回って
今苦しんだり、悲しんだりしている人たちに
きっとどこかでつながっていくんじゃないか
そう思います。
あるいは思いを共有することに
つながるように思います。


みんなで助け合って協力しあって、
日本中のみんなで
この局面を乗り切りたいものです。

 


結局、人の心を動かすのは人の心。
嘘偽りの無い心。

心は言葉に宿る。

 


誕生日を迎えた息子。
早いなあ。もう9歳。
 

SONY DSC-W300

昨日とうって変わって
今日の静岡は風がピタッとやんで
これ以上無いってくらいのバイク日より。

しかし、家内と娘はお出かけ。
息子を一人残して初ツーリングって訳にもいかない。



ムズムズ、ムズムズ・・・。
ムズムズ、ムズムズ・・・。

「・・・すまん、息子よ、30分だけ留守番を頼むっ!」
「うん、いいよー!」
( ↑ 父がいないうちに録画したテレビを観ようと、良い返事の息子 苦笑)
 



きゅるっ・・・・きゅるっ・・・きゅるっ・・・きゅるっ・・・・。
「げっ!? やっばい、バッテリーが上がってる・・・・!?」

一度セルを止めてアクセルを全開。
戻して再度セルを回す。
きゅる、きゅる、きゅるっ、ズバン!ストトトトトッ!
「よしっ!!」


走り出すと、風が冷たいけど気持ちいいっ。
アクセルを開け、ギヤをつま先でかき上げる。
「自由だ!!」
と感じる瞬間。


30分しか無い。どこへ行こう。
いいや、どこだって。
景色の良いところへ。まだ行ったことのない道へ。
そうして見つけた、日だまりの暖かい、高台の茶畑でパチリ。



夏用の革グローブ、
フツーのチノパンでも我慢出来た30分。
いいなー静岡。冬でもバイク天国(笑)。
 

SONY DSC-W300

正月というのは、のんびり出来るという一方で、
テレビをつけてもくだらん番組をだらだら見せられるだけだし、
かといって家にいても他にやることがない。
加えて新年ということもあって、
チャレンジングな気分でもあるわけです。

私の場合、それら要因が
正月3が日を自虐的に過ごすということに
つながっています(苦笑)。


数年前は、1月3日にふと、
「自転車で海まで行こう!」と思い立ち、
往復30キロを漕いで凍える思いをし・・・

昨年は雪が降る中ジョギングをし、
これまた寒いのか暑いのかよくわからん思いをしました。


で、本日。
やはりだらだら家で過ごすのは我慢できん!と思って
息子を連れて地元の山へ遠足に行きました。


自宅から山の麓まで片道6.8キロ。
そこから15分ほどかけて急な山道を登って展望台へ。
このラストの山道がキツかった・・・!


しかし、今日の天気は、
風は轟々と吹きすさんでましたが日差しはかなり明るく、
展望台からは遠く駿河湾やその先の伊豆半島まで見渡せるという
素晴らしい景観を用意してくれました。

その景色を見て、小3の息子。
「頑張った者だけにこのご褒美があるんだよね!」と
まるで登山家のようなことをのたまっておりました。


また、山頂で食べたチョコレートのうまいこと!
甘さが体に染み渡るようで、
やはり息子は
「今までで食べたおやつの中で一番美味しかったかも・・・!!」
と感動しまくっておりました(笑)。

しかし、40を既にとっくに過ぎ、
普段ろくに運動していない私は
自宅に着く頃はギブアップ気味。
息子はというと、
「まだ走れるよ!」と
目の前で走ってみせるほど。

若いって良いなあ・・・(しみじみ)。


というわけで、
アウトドアを早速満喫した2011年元日でした。
 

BlackBerry Bold 9700

雨でくすんだ世界に
色鮮やかな巫女さんの袴

BlackBerryBold 9700

以前、hirobot さんがブログで紹介していた詩(?)を
夕景を見ながら、一人つぶやく。



丁度良い

お前はお前で丁度良い
顔も体も名前も姓も丁度良い
お前にそれは丁度良い

貧も富も親も子も
それはお前に丁度良い

幸も不幸も喜びも
悲しみさえも丁度良い

歩いたお前の人生は
悪くもなければ良くもない
お前にとって丁度良い

地獄に行こうと 極楽に行こうと
行ったところが丁度良い

卑下することもない

上もなければ下もない
死ぬ月日さえも丁度良い

仏様と二人連れの人生
丁度良くないはずがない

南無阿弥陀仏




意味するところの解釈は色々なのかもしれませんし、
本来の意味は別の所にあるのかもしれませんが
今の自分には、

「今の自分を、今ある自分を受け入れよ
因果応報、
今の自分は全て自分の行いからきているのだ」

って事かな・・・と。



嬉しいことも
悲しいことも
それは自分の行いからきていることで、
特に
悲しかったり、悔しかったりという事は
お前の行いから全てきているのだ。
だから受け入れなさい、
それはお前にとって丁度良いことなのだ


そんなふうな意味なのかな・・・と思って
今の自分を
受け入れるしかないのかな、と
ぼんやり 考えます。
 


さすがに静岡もかなり寒くなってきて、
バイクに乗るのが厳しい季節がやってきました。
しかし、バッテリーが上がっちゃうんで
何とか乗りたい。

そこで「クラン」を購入。
バイクのバッテリーからラインを引っ張って、
電熱線が張り巡らされたジャケットにつなぐものです。
http://www.japex.net/ridingitems/klan2/klan_hads.html

前に買ったのですが、なかなかバイクに乗れず
ようやく本日テスト走行に。

Tシャツ、薄手のロングTシャツ、クラン、革ジャンという
4枚構成でチャレンジ。
夕方乗ったのですが、
風は遠州の空っ風が轟々と吹きすさぶ中でしたので
かなり寒い状況でした。

で、装着の結果は・・・。




こりゃあ、エエ!!(笑)


寒く無いどころか、
革ジャンの背中に脊髄パッドが入ってる所なんて
暑いくらい。
               
  ダルマ状態になってまで着込んでバイクに乗るのはどうも・・・
と思っていたので、薄手で動きやすいし、これ、お勧めです。



空が綺麗です。
秋の夕空が 寂し気に  
静かに 暮れていきます。


澄んだ空気のように
ひんやりと
僕の心も 悲しいのです。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/28 neno]
[12/18 POWERED]
[12/18 neno]
[12/18 neno]
[04/16 taku]
プロフィール
HN:
taku
性別:
男性
趣味:
写真・カメラ
自己紹介:
「遊牧写民」新装開店です。
旧遊牧写民へは
http://98ta5mayu15yu.blog
.shinobi.jp/へどうぞ。

無断転載はご遠慮ください。
忍者ブログ [PR]